Aboutstudio

STUDIO主宰  熊谷和徳

Kumagai-0161_0204.jpg
熊谷和徳 - Kazunori Kumagai -

77年仙台市生まれ。Tap Dancer
15歳でタップをはじめ19歳で渡米。NYU心理学科に通いながら、ブロードウェイのショウ『NOISE/FUNK』の養成学校でプロフェッショナルなトレーニングを受ける。

惜しくもVISAの関係で出演は果たせなかったが、同時期グレゴリーハインズに出会い絶賛される。

その後NYの地下鉄、ストリートからニッティングファクトリーのようなJAZZ CLUBまで独自の活動を広げ、NYタップフェスに9年連続出演。

NYタイムス等にも度々取り上げられ、VILLAGE VOICE紙では『日本のグレゴリーハインズ』と評された。

06年、米ダンスマガジンにおいて『世界で観るべきダンサー25人』のうちの一人に選ばれる。

現在ではNYと日本を2大拠点とし、日本では日野皓正、coba、上原ひろみ、金森穣、ハナレグミ、DJクラッシュ等との革命的セッションを提示、またRichard Bona,Christian Scott, Omar Sosaなど海外のミュージシャンとの共演も数多い。

ソロ公演では青山円形劇場、シアターコクーン、国際フォーラムを即日SOLD OUTにするタップダンサーとしては異例の動員数をもつ。

06年にはMIHARA YASUHIROミラノコレクションの音楽をすべてTAPの音で演出。

07年から09年にかけてはタップのルーツであるアフリカセネガル、更にはパリ、ドイツなど活動の幅を広げる。

2010年8月には東京フィルハーモニーオーケストラとの画期的なソロ公演『REVOLUCION』を大成功に導いた。

また、東京に自身のスタジオKAZ TAP STUDIOを持ち、地元仙台においては仙台市文化事業団と共に後進の育成のためのプロジェクトTAP THE FUTUREを行い、タップの楽しさと文化を広めるため日本全国でのワークショップを勢力的おこなう。

2012年、文化庁の助成を受け再びニューヨークに拠点を移し、アメリカを中心にアジア、ヨーロッパでの活動をはじめ活動の場を世界中に広げている。

2014年1月、凱旋公演としてBunkamuraオーチャードホールにて3日間の公演『DANCE TO THE ONE』を行ない大成功を収める。

4月にはイタリアにてミラノサローネのアートインスタレーションに出演し、地元メディアをはじめ大きな話題を集めた。

そして5月にはニューヨークにおいて毎年開催されるNATIONAL TAP DANCE DAYにおいて2014 Flo-Bert Life Achievement(生涯の功績を讃える)賞を受賞し、9月に再びBunkamuraオーチャードホールにてソロ公演『HEAR MY SOLE』を行い大成功を収めた。

熊谷は、GREGORY HINES, BUSTER BROWN, JIMMY SLYDEをはじめNYで彼自身が出会った今は亡きタップマスター達に感謝を捧げ、また東北出身者として被災した彼の故郷へいつも想いを馳せている。

そして独自の唯一無二のアートは日々進化し、新たなタップダンスの未来を創造している。

熊谷和徳 WEB SITE

熊谷和徳 BLOG

熊谷和徳TWITTER

熊谷和徳 FACEBOOK

977386_531299926929759_885324612_o.jpg

「踊りと音楽と共に生きる」―TAP DANCE

音楽があって、踊りがある。ダンススタジオの空気というものは、

そこで踊るダンサー達によって創造されていきます。

NYにある歴史的ダンススタジオFAZILS(2008年移転)は50数年もの間、

数多くのダンサー達に踊り継がれ、その歴史を刻まれてきました。

NYと日本を行き来する中で、東京でこの場所と「出会い」、

そしてすぐに気に入り、最初は個人的な練習のためにこのスタジオを借りました。

しかしNYに滞在している時間も長く、この場所の使い道に悩んだ末、

「KAZ TAP STUDIO」という名前で自分の仲間達と共にクリエイティブな

スペースとして、この場所を開放することにしました。

そこに至るまでには、音の問題やいろいろな問題をクリアにしていく必要があったのですが、

長年、自分自身が思い描いていた、

自分と仲間達のスペースがついにここに生まれることができました。

どうかこの場所を有効に使い、未来のタップシーンのために自分を磨くことに利用してください。

将来的な展望としては、この場所で切磋琢磨していくタップダンサー達と共に

同じ舞台を創造していくこと。

そして未来のプロフェッショナルなTAPのカンパニーを目指しています。

タップダンサー“HOOFER”を真剣に目指す方々、そしてこの活動に賛同していただく方々、

まだまだ未発展のこのスタジオですがこれからの可能性に向けて共にがんばりましょう。

そしてこの場所が続く限り、NYのFAZILSのように数々のダンサー達が

このスタジオを創造してくれることを願っています。



熊谷和徳

.

kaztapstudio_20130119-17 2.jpg

KAZ TAP STUDIO 基本理念

BE FREE、CREATE YOUR SOUND. 「自由に自分だけの音を刻む」


スタジオについて

個性を重んじた、これからのタップダンサーの育成・そしてプロフェッショナルなカンパニーを
目指して、またみんながいつでも楽しくTAPを踏めるようなみんなに愛されるスタジオになるように。


スタイルについて  「好きこそものの上手なれ」


タップダンスのbasicを大事にしつつ、歴史上のマスター達のステップを学び、
音楽的・リズム的な表現・感情的な部分を自由に表現していくタップダンサーを目指す。
どんな方もそれぞれの経験・個性を生かしたダンスを踊ることができます。初心者の方も、ここでぜひTAPを一緒に楽しみましょう!



入会メンバーについて


まず、最初に皆様に入会金として一万円をお願いします。
この意図としては、このスタジオの維持とさらによりよい環境にしていくために皆様のご協力をお願いします。

今後、共に舞台等で活躍するタップダンサーの養成を目標とし、
その他、メンバーには熊谷和徳の公演・ワークショップの優先予約特典・スタジオの利用・レッスン割引・スタジオパフォーマンス・スタジオパーティーの参加など、メンバー同士の輪がここで生まれていくことを願っています。