東北タップダンス&アートフェスティバル2017 ARTIST

Produce

Kumagai-0161_0204.jpgKumagai-0015_0204.jpg
KAZUNORI KUMAGAI

77年仙台市生まれ。Tap Dancer

15歳でタップをはじめ19歳で渡米。NYU心理学科に通いながら、ブロードウェイのショウ『NOISE/FUNK』の養成学校でプロフェッショナルなトレーニングを受ける。惜しくもVISAの関係で出演は果たせなかったが、同時期グレゴリーハインズに出会い絶賛される。
その後NYの地下鉄、ストリートからニッティングファクトリーのようなJAZZ CLUBまで独自の活動を広げ、NYタップフェスに9年連続出演。NYタイムス等にも度々取り上げられ、VILLAGE VOICE紙では『日本のグレゴリーハインズ』と評された。
06年、米ダンスマガジンにおいて『世界で観るべきダンサー25人』のうちの一人に選ばれる。現在ではNYと日本を2大拠点とし、日本では日野皓正、coba、上原ひろみ、金森穣、ハナレグミ、DJクラッシュ等との革命的セッションを提示、またRichard Bona,Christian Scott, Omar Sosaなど海外のミュージシャンとの共演も数多い。
ソロ公演では青山円形劇場、シアターコクーン、国際フォーラムを即日SOLD OUTにするタップダンサーとしては異例の動員数をもつ。
06年にはMIHARA YASUHIROミラノコレクションの音楽をすべてTAPの音で演出。
07年から09年にかけてはタップのルーツであるアフリカセネガル、更にはパリ、ドイツなど活動の幅を広げる。
2010年8月には東京フィルハーモニーオーケストラとの画期的なソロ公演『REVOLUCION』を大成功に導いた。
また、東京に自身のスタジオKAZ TAP STUDIOを持ち、地元仙台においては仙台市文化事業団と共に後進の育成のためのプロジェクトTAP THE FUTUREを行い、タップの楽しさと文化を広めるため日本全国でのワークショップを勢力的おこなう。
2012年、文化庁の助成を受け再びニューヨークに拠点を移し、アメリカを中心にアジア、ヨーロッパでの活動をはじめ活動の場を世界中に広げている。
2014年1月、凱旋公演としてBunkamuraオーチャードホールにて3日間の公演『DANCE TO THE ONE』を行ない大成功を収める。
4月にはイタリアにてミラノサローネのアートインスタレーションに出演し、地元メディアをはじめ大きな話題を集めた。
2014年5月にはニューヨークにおいて毎年開催されるNATIONAL TAP DANCE DAYにおいて2014 Flo-Bert Life Achievement(生涯の功績を讃える)賞を受賞し、9月に再びBunkamuraオーチャードホールにてソロ公演『HEAR MY SOLE』を行い大成功を収めた。
2016年にはNYで毎年行われているあらゆるジャンルのダンスの最高峰の賞の授賞式である『NY DANCE AND PERFORMANCE AWARD』通称"BESSIE AWARD"の"OUTSTANDING PERFORMER"(最優秀パフォーマー)を受賞した。
熊谷は、GREGORY HINES, BUSTER BROWN, JIMMY SLYDEをはじめNYで彼自身が出会った今は亡きタップマスター達に感謝を捧げ、
また東北出身者として被災した彼の故郷へいつも想いを馳せている。
そして独自の唯一無二のアートは日々進化し、新たなタップダンスの未来を創造している。

GUEST TAP DANCER(SHOW / WORK SHOP)

Ted Louis Levy IIa.jpgTed Louis Levy.jpg

Ted Louis Levy

タップダンサー

シカゴ出身、Sammy Dyerより幼少からTAPを学ぶ。演技や歌の技術も高い多才なアーティストとして、ブロードウェイショウ「Black and Blue」映画「Malcom X」「Bojangles」等に出演。振付家として「Jelly's Last Jam」でトニー賞にノミネートされた。
「NOISE/FUNK」養成学校をディレクションし、Lon ChaneyやJimmy Slydeといったタップマスターが大切にした「音の芸術性」を表現するリズムタップを生徒たちに伝えた。
近年ではCotton ClubなどでSHOWを行い高い評価を受ける。





14650240_1985068485053470_2169857222555200291_n.jpg














Josette Wiggan

タップダンサー

LAにて12歳からダンスを学び、Lynn Dally's Jazz Tap Ensembleカンパニーメンバー、
ブロードウェイミュージカル「42nd Street」、ニューヨークRADIO CITY「Rockette Christmas Spectacular」、
ディズニー映画「Princess and the Frog」、シルク・ドゥ・ソレイユ「バナナスピール」
「マイケル・ジャクソン:ザ・イモータル・ワールドツアー」などに出演。
また、世界各国で開催されているタップフェスティバルに頻繁に招聘される。
現在はイスラエル在住、「Ron and the Red Beans」バンドメンバーとして活動している。

10日(金)WS講師
11日(土) WS講師、SHOW
12日(日) WS講師、パネルディスカッション

IMG_7659-1.JPG














Gabe Winns
タップダンサー

サンディエゴ出身、11歳からダンスを始める。
ニューヨークに移り住んだ後は、「RumbaTap」「 Dorrance Dance」「Swing FX」などのダンスカンパニーで活動、「Americas Most Talented Kids」(2002)「America’s Got Talent」(2011)「FakeOff 」(2014)といったテレビ番組に出演する。
また現在、自身のグループ「The Students of Sound」をディレクションし、
American Tap Dance Foundationでレッスンを行っている。


10日(金)WS講師
11日(土) WS講師、SHOW
12日(日) パネルディスカッション

misumi bio.jpg















みすみ"Smilie"ゆきこ 

日本から本場アメリカにゲスト講師・ソロパフォーマーとして招かれるという前人未踏の快挙を成し遂げ国際的に活躍。日本で1985年より加藤邦保氏に師事。JAM TAP DANCE COMPANYのオリジナルキャスト、初代ダンスキャプテンを務めた。
1986年よりNYでDr.ヘンリー・レタン氏に学び、彼の知的遺産継承を託された世界でも数少ない1人。その後、数多くのタップマスターから学び、特にDr.ジミー・スライド氏、ダイアン・ウォーカー女史、ブレンダ・バファリーノ女史から多大な影響を受ける。
ダイアン・ウォーカーが継承するリオン・コリンズのルーティンにおいてはアジア地区の継承責任をダイアンより託されている。
国内で舞台、ライブ、TV、CM、CDなどで活躍。海外ではセントルイス、NY、シカゴ、ハワイ、バルセロナ、ミネソタ、ミシガン、台湾、香港、ブラジルなどにゲスト講師・ソロリストとして招かれる。各地で世界のトップアーティストと共演し、日本と海外との架け橋として若手の国際交流活動も展開中。

ITA日本代表。日本タップ奨学生制度主宰。ARTN TAP DANCE STUDIO、ARTN Company、ARTN Youth Company主宰。BASEMENTアドバイザー。東京インターナショナルタップフェスティバルco-Producer, NATIONAL TAP DAYアドバイザー。



11日(土) WS講師
12日(日) パネルディスカション

写真 3.JPG















Yuji Uragami 浦上雄次
タップダンサー

1976年 2月22日生まれ 熊本県出身
16才から小原朋浩氏にSOUL DANCEを学び、ストリートダンスの歴史、基礎を学ぶ。
上京後24才でタップダンスの名門Higuchi Dance Studioに入門、タップダンサーのHIDEBOHに師事する。
その後2001年から2005年までの5年間、HIDEBOH主宰のリズムパフォーマンスグループ「THE STRiPES」のメンバーとしてイベントに出演。
2006年グループ脱退後はソロ活動を開始、自主公演やワークショップを国内外で開催。
2015年には住居を福井県勝山市に移して活動を再スタート、「浄仙寺」の本堂にて稽古を重ねながら、日々タップダンスを模索する。



11日(土) WS講師、SHOW
12日(日) WS講師、パネルディスカッション

Keitaro[2].jpg















細川慶太良
タップダンサー

1977年大阪生まれ。22歳でタップダンスに出会い、渡米してタップを学ぶ。
2006年まで関西にて個人での活動、またタップダンスカンパニー”ベイスクルー”にて2001年結成よりメンバーとして活動する。2008年ニューヨークに拠点を置く。
各地タップフェスティバルやタップエクストラバガンザ等、ショーやイベントに多数出演。
2009年よりトニー賞を受賞したセビオングローバーに師事し、数々のプロダクション公演に出演。
アメリカ国内10都市以上、海外はヨーロッパやロシア等、世界5ヶ国にて共演した。
現在、アメリカ・日本にとどまらず、活躍の場を世界へと広げている。


11日(土) WS講師、SHOW
12日(日) WS講師、パネルディスカッション

yoshiko.jpg















yoshiko

(本名:肥田 佳子) 

1983年 東京生まれ。6歳より、エレクトーン、Jazz danceを始める。JazzのClassを受け初めて数ヵ月後TAP DANCEと出会う。10歳の時、TAPに本格的に興味を持ち始め、14歳で富田かおる氏に出会い、師事。当時 Sound Kiss Jr があり、そのメンバーとして一年間活動する。その後、ブロードウェイミュージカル「Bring in da noise Bring in da funk」に魅せられ、アメリカのTAPシーンに興味を抱く。高校卒業と同時にリズムTAPに本格的にはまり、インプロビゼーションなどを学ぶ。2002年 L.A TAP FESTIVALに参加。翌年、NYへ単身渡米。Savion Glover, Derick Grant, Roxane Butterfly, Ayodele Casel,Michelle Dorranceらに師事。RoxaneのShow 「Hoofelogise」のダンスクルーとして、5日間のShowに参加。
2005年のNY TAP FESTIVALのShow 「TAP CITY」に Derickのナンバーで参加。
2005年9月、Savion Glover振り付けのミュージカル「Timmy the great」のトライアウト作品にバックダンサーとして出演する。同月、San Diegoにもわたり、WSを開催。また数々のJam sessionなどに積極的に顔を出し活動する。2005年秋帰国。

2008年 Taipei Tap festival 'Tap Together’に講師、パフォーマーとして参加.
2011年 Hong Kong Tap festival に講師 パフォーマーとして参加
2011年 ブレンドラムス東アフリカツアーに、タップダンサーとして参加 
2012年 Female Perspective show のプロデュース兼キャストとして香港に渡航  
2014年 SUZUKIモーターショーのパフォーマーとしてジャカルタに渡航
2016年 Nicholas Young のアシスタントとして香港に渡航するなど活動の場を世界に広げる傍ら日本各地でもWSやライブなどを実施し、自身の経験をシェア しながら、ソロを中心に活動中。また現在、浦上 雄次プロデュース ‘Traveling Souls'/ 谷口 翔有子プロデュース’Women in Tap'メンバー、
Power of Tapのメンバーとして復興支援の活動もしており、国内外問わず意欲的に活動している。


11日(土)SHOW
12日(日)WS講師、パネルディスカッション

Nao.jpg















Nao Hashimoto(橋本直如)

8歳で仲村修夫師事しタップを習い、2002年ダンシングスキューバテレビジョン主催ギリシャ公演に出演する。
2003年 ミュージカルアニータップキッズ役にて出演。
2010年から二年間、(株)オリエンタルランド東京ディズニーシーダンサーを勤める。
2012年ニューヨークへ単身留学、Steps on Broadwayへ入学する。
2013年Apollo theater Amateur Nightに出演。
Derick K Grantの作品に主役として出演し、その様子をNew York Timesに取り挙げられる。
またGregory Hinesの指導を受けていたAndrew J Nemrにも師事し、彼のカンパニーCPD Plusに所属、多数公演に出演。
2014年Jacob's Pillowにて公演。
Steps on Broadway卒業後、日本に帰国。
2015年5月Andrew J Nemrカンパニー主催「CPD Plus」 10周年記念講演にニューヨークにて出演。
またNY-NBC 24hr dance performance番組に出演。
2016年Intarnational Tap Festival、かわさきタップフェスティバル2016 ソロパフォーマンスに出演、色々なミュージシャンと共演し、ソロライブを行ったり演出、講師、振り付け師として活躍
日本に留まらず、様々な国で活動中。


11日(土) SHOW
12日(日) WS講師、パネルディスカッション

IMG_7096.JPG














中山貴踏


2006青山円形劇場6DAYS公演から"TAPPERS RIOT" として活動。
2013地元福島へ拠点を移し、文化庁芸術事業、文化財団事業、STUDIOWORK、
県内、県外劇場公演、LIVE、WORK SHOP、メディア出演等、
福島から世界へをテーマに活動中。





出演・講師
11日(土)ワークショップ
12日(日)パネルディスカッション

タニグチショウコ.jpgカトウ ノブユキ2.jpgアダチ ユウキ2.jpgヨネザワ イッペイ2.jpgヨネザワ イッキ2.jpg












KAZ TAP COMPANY
谷口翔有子、加藤信行、安達雄基、米澤一平、米澤一輝)



熊谷和徳主宰のカンパニーとして06年に青山円形劇場にて結成。2016年にはめぐろパーシモンホール、富山能楽堂、板橋区立文化会館において単独公演を行う。また全国各地でタップダンスの指導も行い、タップダンスの楽しさや文化を広めるために精力的に活動している。


10日(金)WS講師
11日(土)show
12日(日)WS講師、パネルディスカッション・クロージングパーティー

0001-_8007897.jpg



















TAP the FUTURE in SENDAI


"タップザフューチャー イン センダイ"

仙台から世界で活躍するタップダンサー熊谷和徳氏主宰。

仙台市市文化事業団共催のタップダンスアートプロジェクト。今年で第9期目。

タップの文化を仙台に、そしてタップを通して世界の仲間と繋がってゆく事をベースとし、

子供達、大人達、あらゆる世代が一緒に仙台でタップを踏んでいる。


12日(日) パネルディスカッション・クロージングパーティー

参加ARTIST

Vinyl crop.png


















ピーター・バラカン
1951年ロンドン生まれ

ロンドン大学日本語学科を卒業後、1974年に音楽出版社の著作権業務に就くため来日。
現在フリーのブロードキャスターとして活動、「バラカン・ビート」(インターFM)、「ウィークエンド・サンシャイン」(NHK-FM)、「ライフスタイル・ミュージアム」(東京FM)、「ジャパノロジー・プラス」(NHK BS1)などを担当。

著書に『ロックの英詞を読む〜世界を変える歌』(集英社インターナショナル)、『ラジオのこちら側』(岩波新書)『わが青春のサウンドトラック』(光文社文庫)、『ピーター・バラカン音楽日記』(集英社インターナショナル)、『猿はマンキ、お金はマ ニ』(NHK出版)、
『魂(ソウル)のゆくえ』(アルテスパブリッシング)、『ロックの英詞を読む』(集英社インターナショナル)、『ぼくが愛するロック 名盤240』(講談社+α文庫)、『200CD ブラック・ミュージック』(学研)などがある。

Photo: 新妻和久

ウェブサイトは http://peterbarakan.net

10日(金)ピーターバラカン×熊谷和徳 対談出演

DSC06561.jpeg


















青柳拓次 Takuji Aoyagi

takujiaoyagi.com
1971年12月8日、東京。クラシック・ギタリストの家系に生まれる。
幼い頃よりギターを手にし、ピアノ、パーカッションを学ぶ。1990年、TVのオーディデョン番組を経て、Little Creaturesでデビュー。1991年、渡英。一年間のイギリス暮らしのなかで、世界中から集って来た音楽家たちの生音に出会う。
帰国後、Double Famousやソロ名義のKAMA AINA、青柳拓次などでも数々のアルバムをリリース。KAMA AINAでは、イギリス、デンマークのレーベルよりアルバムをリリースし、ライブ・ツアーを行う。
シチリア、ハワイ島の音楽集や、パリ地下鉄のミュージシャン達によるアルバム、ファッションデザイナーとのコラボレーションMix CD、様々なアーティストのプロデュースを手掛ける。映画や舞台、TV番組の音楽を作曲し、詩人、写真家としても作品を発表。2010年、沖縄に移住。日本各地の民謡とホリスティックなセラピーを学ぶ。2013年、新たなるプロジェクトとして、輪になり声が渦を巻く、参加型コンサート”CIRCLE VOICE”を沖縄のヤンバルからスタートさせる。2016年、絵本『かがり火』、UA『Japo』(プロデュース)、Little Creatures『未知のアルバム』を発表。それぞれ全国ツアーがおこなわれた。

出演:
10日(金) ピーターバラカン×熊谷和徳 対談 パフォーマンス
11日(土) ワークショップ 、 12日(日) ワークショップ

LATYR.jpg











Latyr Sy ラティール・シー

5歳からアフリカンドラムを始める。

1988年トラディッショナル・パーカッション・バンド「AFRICA DJEMBE」を結成し ソリスト、リードボーカル、リーダーとして活躍。映画「グランブルー」の音楽を担当したエリック・セラ氏らとも 「AFRICA DJEMBE」の活動を通して交流があった。
ネルソン・マンデラ・コンサート、ゴレ国際パーカション フェスティバル、サッカーアフリカカップ開会式典や、サッチャー首相、ミッテラン大統領等の歓迎式典など 世界各国の首脳・VIPの歓迎式典、公式式典で多数演奏。
1995年来日後、自らのパーカッショングループ「AFRICA SUNU XELCOM」を結成。
また、パーカッショニストとして 数多くのアーティストのレコーディングやコンサートツアーに参加。
民族音楽、ラテン、ジャズ、ロックから 日本の古典楽器に至るまでの幅広いジャンルで活躍している。
東京、名古屋などで定期的なアフリカンパーカッションのワークショップを開催すると共に全国の小中学校にてアフリカの音楽と文化を紹介する為に、ワークショップを行い 日本におけるアフリカ音楽・文化の普及に大きく貢献している。

出演:10日(金)、11日(土)、12日(日)ワークショップ、11日(土)Show

0.jpg














松島純

1981年東京生まれ。
サンクトペテルブルグ国立美術アカデミー(ロシア)にて写実絵画を学ぶ。
昨年は平井堅のアルバムの表紙となる肖像画を手がける他、ダンサーやミュージシャンなどのライブペインティングや、国内外のホテルの装飾や絵画を手がけている。
2017 年ART FAIR TOKYO (3/17~3/19)にて個展。

photo by Makoto Ebi


www.matsushimajun.com




出演:10日(金)11日(土)ワークショップ

image1.JPG






DJ Mitsu the Beats (GAGLE /Jazzy Sport)

ビートメイカー、DJ、プロデューサー、リミキサー。
2003年にソロアルバム『New Awakening』をリリース。
海外アーティストと積極的にコラボレーションを行う。2004年L.A「URB」誌で期待するアーティスト100人に日本人で唯一選出され、日本全国各地で活動他アメリカやヨーロッパ・ツアーだけでなくアジア圏でも成功し、海外でもその人気、認知度は高騰。
2014には世界クラブミュージック動画配信メディア"Boiler Room" 初の東京からのライブストリーミングで全世界に向けそのDJing 動画がライブ配信された。アーカイブ化されたその動画の閲覧回数は30万回を越えている。最新作となる 「Beat Installments Vol.4」 を2016年12/7にドロップ。




出演:12日(日)クロージングパーティー