TAP the FUTURE in 仙台 about / 宮城県仙台市内でタップダンスが習える

PROJECT主宰  熊谷和徳

Kumagai-0015_0204.jpg
熊谷和徳 - Kazunori Kumagai -

77年仙台市生まれ。Tap Dancer
15歳でタップをはじめ19歳で渡米。NYU心理学科に通いながら、ブロードウェイのショウ『NOISE/FUNK』の養成学校でプロフェッショナルなトレーニングを受ける。
惜しくもVISAの関係で出演は果たせなかったが、同時期グレゴリーハインズに出会い絶賛される。

その後NYの地下鉄、ストリートからニッティングファクトリーのようなJAZZ CLUBまで独自の活動を広げ、NYタップフェスに9年連続出演。NYタイムス等にも度々取り上げられ、VILLAGE VOICE紙では『日本のグレゴリーハインズ』と評された。06年、米ダンスマガジンにおいて『世界で観るべきダンサー25人』のうちの一人に選ばれる。

現在ではNYと日本を2大拠点とし、日本では日野皓正、coba、上原ひろみ、金森穣、ハナレグミ、DJクラッシュ等との革命的セッションを提示、またRichard Bona,Christian Scott, Omar Sosaなど海外のミュージシャンとの共演も数多い。
ソロ公演では青山円形劇場、シアターコクーン、国際フォーラムを即日SOLD OUTにするタップダンサーとしては異例の動員数をもつ。

06年にはMIHARA YASUHIROミラノコレクションの音楽をすべてTAPの音で演出。
07年から09年にかけてはタップのルーツであるアフリカセネガル、更にはパリ、ドイツなど活動の幅を広げる。

2010年8月には東京フィルハーモニーオーケストラとの画期的なソロ公演『REVOLUCION』を大成功に導いた。また、東京に自身のスタジオKAZ TAP STUDIOを持ち、地元仙台においては仙台市文化事業団と共に後進の育成のためのプロジェクトTAP THE FUTUREを行い、タップの楽しさと文化を広めるため日本全国でのワークショップを勢力的おこなう。

2012年、文化庁の助成を受け再びニューヨークに拠点を移し、アメリカを中心にアジア、ヨーロッパでの活動をはじめ活動の場を世界中に広げている。

2014年1月、凱旋公演としてBunkamuraオーチャードホールにて3日間の公演『DANCE TO THE ONE』を行ない大成功を収める。4月にはイタリアにてミラノサローネのアートインスタレーションに出演し、地元メディアをはじめ大きな話題を集めた。

そして今年5月にはニューヨークにおいて毎年開催されるNATIONAL TAP DANCE DAYにおいて2014 Flo-Bert Life Achievement(生涯の功績を讃える)賞を受賞し、9月に再びBunkamuraオーチャードホールにてソロ公演『HEAR MY SOLE』を行い大成功を収めた。

熊谷は、GREGORY HINES, BUSTER BROWN, JIMMY SLYDEをはじめNYで彼自身が出会った今は亡きタップマスター達に感謝を捧げ、また東北出身者として被災した彼の故郷へいつも想いを馳せている。
そして独自の唯一無二のアートは日々進化し、新たなタップダンスの未来を創造している。


熊谷和徳 WEB SITE

熊谷和徳 BLOG

熊谷和徳TWITTER

熊谷和徳 FACEBOOK

INSTRYCTOR/講師

荒井道男

Michio Arai

IMG_2403.JPG













荒井道男
仙台市出身
16歳で佐藤勝氏の元でタップを始める。
熊谷和徳氏と出会い、共に舞台に立つ。
その後、2007年から仙台市文化事業団共催の”TAP the FUTURE in仙台”に参加。
2009年よりアシスタント講師として、LESSONを受けもつ。
2011年2012年と定禅寺JAZZ FESに出演。
2011年伊達ROCK FESに参加。
2012年3月 仙台市青年文化センターシアターホール『MY RHYTHM』公演出演
現在、仙台を中心にライブ活動、講師として活動を続けている。

【WORK SHOP】
2013年 アウトリーチワークショップ「はじめてのタップダンス」@宮城県仙台市 岩沼西中学校
2013年 震災復興支援事業 芸術家派遣事業「タップダンスであそんじゃおう」@仙台市東二番丁小学校
2013年 震災復興支援事業 芸術家派遣事業「タップダンスであそんじゃおう」@仙台市吉成児童館
2013年 震災復興支援事業 芸術家派遣事業「タップダンスであそんじゃおう」@仙台市鹿野児童館
2013年 震災復興支援事業 芸術家派遣事業「タップダンスであそんじゃおう」@仙台市榴ヶ岡児童館
2014年 震災復興支援事業 芸術家派遣事業「タップダンスであそんじゃおう」@仙台市東二番町小学校
2014年 震災復興支援事業 芸術家派遣事業「タップダンスであそんじゃおう」@仙台市遠見塚児童館
2014年 震災復興支援事業 芸術家派遣事業「タップダンスであそんじゃおう」@仙台市広瀬マイスクール児童館



安達雄基

Yuki Adachi

E0004-20141105_RIOT_AKK2-226.jpgアダチ ユウキ2.jpg

安達雄基
東京都出身
7歳からTAPDANCEをはじめ、その後様々なジャンルのDANCEを学び、19歳で単身NEW YORK へ渡米。留学中、NYや台湾のTAP FESTIVALに講師/performerとして参加する。
帰国後はKAZ TAPCOMPANYのメンバーとして活動を始め、個人としてはTAP BATTLE JAPAN OPEN優勝し日本一3連覇を達成。
また大ホール規模のイベントをオーガナイズするなど、様々なフィールドで活動をしている。

国内
2006年 熊谷和徳『TAPPERS RIOT』@青山円形劇場
2009年 熊谷和徳『TAPPERS RIOT VOL,2』@青山円形劇場
2009年 TOKYO INTERNATIONAL TAP FASTIVAL出演
2009年 KAZCOMPANY『TAPPERS RIOT UNDER GROUND』@神楽坂セッションハウス
2010年 熊谷和徳『TAPtheFUTURE』@池袋あうるすぽっと
2010年 TOKYO INTERNATIONAL TAP FASTIVAL出演
2011年 熊谷和徳『Xmas DREAM of TAP』@池袋あうるすぽっと
2011年 TAP BATTLE JAPAN OPEN2011 優勝
2013年 TAP BATTLE JAPAN OPEN2012 優勝
2014年 TAP BATTLE JAPAN OPEN2014 優勝
2014年 TOKYO INTERNATIONAL TAP FASTIVAL出演

海外
2008年  台湾TAP FESTIVAL ゲストパフォーマンス/WS講師
2008年  NY TAP FESTIVAL TAP CITY パフォーマンス
2013年  NY STATE OF MIND ゲストパフォーマンス出演

メディア
2013年  日本テレビ『悪夢ちゃん』サウンドトラック参加